スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ローション作り

顔用のタマゴローションと柚ローションを作っています。







まずタマゴローションから。



生卵の殻の内側の薄皮を使います。
洗って『ぺりぺり』とはがして乾かしておきます。
それをホワイトリカーに漬けてエキスを抽出!

タマゴの薄皮はヒアルロン酸という高級化粧品の原料になるものがたっぷり

このレシピにはタマゴの薄皮の他、昆布とクチナシの実も入っています。
保湿と美白効果があります。


****

まずは使う容器や器具を無水エタノールで拭いて消毒しましょう。





タマゴローション(原液)を入れます。




次は精製水を入れます。




私は乾燥肌なので植物性グリセリンも足します。入れすぎに注意。




弱酸性に安定させるためクエン酸をほんの少し入れます。




保存は冷蔵庫でね♪ だいたい1ヶ月くらいで使い切ります。




柚ローションも同じように作ります。




柚の種をホワイトリカーに漬けておきます。
そのあとは同じです☆


マクロビオティックをするようになって卵を食べなくなったので
タマゴローションが作れない~



スポンサーサイト

e.t.c. トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。