スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

犬の鑑札ホルダー

知り合いで動物愛護センターでボランティア活動をしている方がいらっしゃるのですが
その方のブログのなかにこんな文章がありました。



+++++++

私達にすぐにできることは、
生体販売のペットショップから買わないこと。
自分の飼っている動物の避妊・去勢し、その子を生涯大事にすること。
迷子札・マイクロチップを装着すること。
そして、それを周囲の人に勧めることです。

首輪の裏に名前を書いても、誰にも気づかれません。
センターでは、首輪をはずして確認するような人手も時間もないのです。
ですが、迷子札・マイクロチップをつけている場合は必ず連絡します。
バンダナをつける前に、迷子札をつけてください。

たったそれだけが、命綱なんです。

+++++++



私は、迷子になったペットは首輪さえつけていれば“飼い犬”だと
わかって処分はしないでくれる…と思っていましたが
そうではないみたいです。首輪だけじゃ意味がない。

そして当たり前ですが飼い主が探さないと引き出せない。

何があるかわかりませんから一応ネームホルダーは付けていたんですが
何度つけても外れてしまう
オシャレ系は弱いのね…。

なので

これなら外れないだろう!と鑑札ホルダーにしました
名前も電話番号も入れてもらったので、誰にでもわかるはず






あ…、短足なので、ホルダーが床につきそうです…。




スポンサーサイト

e.t.c. トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。