スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

BEFOR AFTER 2

制作第一弾

床は普通のフローリングでしたが土足で使用したかったので
床材を張りました。



張る…というより敷き詰めました。
『原状回復』できるように両面テープで貼りました。

美容はパーマ液やカラー材といった薬剤を使うので万が一のことを考えて
(下に染みこんでシミにならないように)保護材をまず両面テープで貼って、
そして床材を貼りました。

“木”に見えますが、予算の都合で実は塩ビタイルです。

このタイルを決めるまでが大変でした。


毎日、ネットでのオークションやショップなど全てといってもいいくらいの
「タイル」を検索して候補を出しました。

ネットでは絶対格好良く見えるので、実際にショールームまで足を運び
そして決定。

塩ビタイルはカッターナイフで簡単に切れるので、素人の私でも
簡単に扱えます。

でも、プロは真ん中から張るんだって。

端っこから始めちゃったので、歪み出まくり(笑)
細かい性格とおおざっぱな性格が交互に出てきます。さすがAB型・・・。

ま、いいのです。細かいところまで見えませんから。




制作第2弾

一番ネックだったシャンプー台。
これをクリアできるとわかって、低予算で開店準備に突入したのでした。

木枠は大工さんに作ってもらい、仕上げのペンキ塗りとタイル張りを
私がやりました。



ペンキは難なく塗れましたが、タイル張りは初めて。

ネットで貼り方を調べ、簡単そう~と安易にモザイクタイルを張る…。
しかし目地材が…こ、こ、細かい

ひー、細かすぎるので、性格が細かいダンナに仕上げは任せた!


最後は水道屋さんに水洗金具を付けてもらって完成です。
地元の水道屋さんに頼んだので、きっとこの人達が一番大変だったに違いない…。

普通は美容室制作に長けた人達がやるんでしょう。
それに私が間違った金具を用意しちゃったし。
ごめんね、水道屋さん。

なのに、手作りで部品を作ってくれて、なんとか給水・排水が出来上がりました。

良かった良かった








にほんブログ村ロハス部門に参加してます!
ここをぽちっとしていただくと嬉しいです。
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ





スポンサーサイト

e.t.c. トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。