スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

大雄山最乗寺




お義母さんと姪っ子家族と私たち夫婦、計6人で久しぶりにお出掛けしました。
年に何回かは出掛けるのですが、今年初でした!

ダンナが子供の頃によく連れて行ってもらったという『大雄山最乗寺
神奈川県南足柄市にあります。

『道了尊』という名前で知られているのかしら?

山の中にありますが車で上まで行けます。
しかし広い~。

参道はあじさいが植えられていて花が満開でした。
少し小雨が降っていましたがこれまた似合う。
応永元年(1394)建立なのでかなり古く、苔むした歴史感じるお寺でした。
神奈川県の天然記念物に指定されている杉並木は見事でした。
花粉の時期じゃなくて良かった~☆




御供橋~この橋は、「かながわ橋100選」の一つだそうです。



天狗信仰なので天狗様たち。
結界門より道了大薩の浄域とされます。


77段の石段…。はぁはぁ。


奉納された天狗の鉄下駄がいっぱい。
“下駄は左右一対そろって役割をなすところから、夫婦和合の信仰がうまれ、奉納者が後を絶たない”ということです。



お、美人~♪と思ったら観音菩薩でした。


曹洞宗の修行寺なので、あるお堂では実際に修行僧達がお経を唱えていました。

お堂がいっぱいあり賽銭箱もいっぱいあるので、その度にご縁(五円)を探す私たち(笑)


慧春尼堂の願掛けの紅白のたすき。姪っ子は今年中学受験するのでお願いしてます。




もっとゆっくり見て回りたかったな~。
また来よう。



☆オマケ☆
レンタカーがバックモニター付きだったので、映して遊ぶダンナと姪っ子(笑)
手には大量の天狗煎餅。うまかったよ。


こんな人形あるよね。










にほんブログ村ロハス部門に参加してます!
ここをぽちっとしていただくと嬉しいです。
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ












スポンサーサイト

e.t.c. トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。