スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

シリコーンて?




まず・・・なぜ “シリコーンは悪い” とされるのでしょうか?

シリコーンは、シャンプーやトリートメントに配合されており、
使用すると髪のキューティクルに付着し、コーティングをします。

頭皮にも残留しやすく、毛穴が詰まって毛が細くなったりすることがあります。
頭皮の弱い方だと痒みが出たり、トラブルを引き起こす原因となってしまいます。

今、髪や頭皮にトラブルを抱える人が多くなっています。

そういったことからシリコーンは良くないとされているのです。

でも、使用後は指通りやさわり心地が良くなるなどの使用感があるため、
市販のシャンプーやトリートメントにはよく配合されています。



シリコーン自体は安全性の高いものです。
整形手術でも使われてますよね。
少し前までは人工血管にも使われていたと聞いたことがあります。
(もっと良い素材ができて、今は使われていないようですが)



髪は自己治癒力がありません。
皮膚のように傷ついても自力で治せないのです。
髪は傷んだらそのまま、枝毛になってもそのままです。

傷んだ髪にシリコーン入りのシャンプーなどを使うと、
とりあえずさらさらのツヤツヤで
まるで傷みが治ったかのように思えます。

でもシリコーンはコーティング剤ですので、髪の内部は修復しません。

ここ数年流行のシリコーンたっぷりの某シャンプーなどを使い続けていると
内部は補修しないのにしっかりコーティングしちゃうのでパーマがかかりにくくなります・・・。

逆に言えば、ストレートヘアの方はとてもサラサラで扱いやすくなるでしょう。


シリコーンの成分名は、ジメチコンをはじめ、色々な成分として表記があります。
○○メチコンといった名前が多いです。




お肌が弱い人、
髪の健康が気になる人、
少しでも身体に優しい物を使いたい人、
・・・などは避けた方がいいかもしれません。







今使っているシャンプー類が合わないな~と感じている方は
ノンシリコーンシャンプーを試す価値はありますよ。


続く










にほんブログ村ロハス部門に参加してます!
ここをぽちっとしていただくと嬉しいです。
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ


スポンサーサイト

e.t.c. トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。