スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

お誕生日お出掛け♪

ダンナの誕生日なのでお義母さんに「お食事一緒に行きましょう~」と言ったら
「行きたいところがあるのよ」と。

行き先は、神奈川県伊勢原の大山というところ。
お義父さんとよく一緒に行ったらしい、思い出の場所。

「山の上に阿夫利神社があって、見晴らしがよく、名物の豆腐料理がおいしいのよ~。」





「ドライブだワン~♪」
タローも一緒です。
このあとどんな過酷な運命が待ち受けているかとも知らずに…。



大山に着いて、てくてく登っていくとケーブルカーがあり、なんと、タローは乗れません。
そこに用意してあるキャリーケースに入れば、大丈夫なんだけど
…う~ん、ちょっとタローにはキツイかなあ。

お義母さん含む女性チームはケーブルカーで登り、タローとダンナ、ダンナ弟とその子供さんは
歩いて登ってくることに。






私たちは先に阿夫利神社に到着です。



見晴らし良し~
高いところにあるんだね~。


『阿夫利神社は、古代からこの辺りに住む人たちの
 心の拠り所となり、
 国を護る神の山として崇められてきた。
 山野の幸を司る水の神、山の神として、
 また海上からは羅針盤をつとめる海の護り神、
 さらには大漁の神として信仰をあつめるとともに、
 庶民信仰の中心として今日に及んでいる。』


はあ~、すばらしい神社なのですね。



さて、タロー隊はまだ来ず。
30分程度で登って来れるらしいが…?

携帯電話も繋がらず、お茶して待つ私たち。
1時間ほどして、ようやく彼らが登ってきました。

ぐったりです。
そうとう大変な道だったよう。

少し休憩し、本殿の奥の地下水が湧き出ているところも見て。

更に上に奥の院というところもあるそうだが、ここは登山になるということで
もう降りましょうか…。


下りのタロー隊はダンナと私と姪っ子で、私は初めての道。
どんな道なのでしょう…。



こんな道です。
石の階段。写真は整った段差だけど、激しくバラバラな石段の箇所もあり、
人が上り下りするのも大変なのに、シャコタン四駆のタローには
非常にツライ道だったことでしょう…。



あんまり高さのある階段は降りられないようなので、ダンナがタローを抱えて降りました。
タローもおとなしく「助かった~」という顔で抱かれています。



道はまだまだ続きます。
マイナスイオン浴びまくりです。
も~、それどころじゃない道でしたが。

結局、下りも1時間かかりました。
タローとダンナは往復したので魂抜けてます。





大山はこんにゃくと豆腐料理が名物だということで、しっかり完食。





次の日、タローは早朝散歩を拒否したそうです…。

私たちも筋肉痛で動けませんでした…。
スポンサーサイト

e.t.c. トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。